--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2010.01.25 *Mon

先日本屋でピアニスト、ヴィルヘルム・バックハウスについて、評論家の宇野功芳先生の名文に久々に接することができました。

「78歳の老ピアニストにはアン・デア・ウィーン劇場につめかけた聴衆さえ目に入らず、ひたすらベートーヴェンの音楽と対話し、…」

「特別な表現は何ひとつつけ加えず、悟り切った禅僧のように淡々と弾き上げてゆく。
 眉ひとつ動かさず、うまそうなところは一ヶ所とてなく、…」

そして
「巧まずして出てくる深い内容」「いぶし銀の味」

また
「長い音符では鍵盤に置かれた指を、念を押すように2、3回押し直す。」
「彼の澄み切った心がピアノを弾く姿にすべて映し出されているのだ。」
…云々

この2ページのために2,000円する本をその場で買ってしまいました。

           四賀

スポンサーサイト
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

team fujimi

Author:team fujimi
富士見農場
またの名を「チーム不死身」
トップリバーの御膝元、御代田町から離れ、富士見町で新たに農場を立ち上げた精鋭部隊です
富士見町で、農業の活性化に微力ながらも貢献できれば幸いです







最新トラックバック





カテゴリ

未分類 (109)



仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言



FC2カウンター



検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © 富士見農場奮闘記 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。